「スプレッド」とは外為は外貨をトレードして差益を生み出す取引です。価格は二十四時間上下しています。これが為替です。テレビのニュースをみているとレートのニュースが流れるケースがあります。見かけるのが、「本日のドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを言い表しています。別の言い方をすると、取引には、買値と売値の両方の値段が存在している事を表しています。売値、買値ではなくビット、アスクと表しているFX取引会社も存在しています。普段は買値よりも売値のほうが安い価格に設定されるものです。あなたが買値は高く、売値は低くなるはずです。その差額をスプレッドといい、FX業者の稼ぎとされています。スプレッドの狭さはFX取引会社によって変化します。スプレッドの広さは利用者にとって出費になるので、狭いFX取引会社をセレクトしたほうが有利です。ただ、同じFX業者でも場面によってスプレッドの幅は変化します。もし通常時はドルと円のペアでわずか1銭のスプレッドの広さだったとしても、為替の上げ下げが激しい場面では大きくなったりする場合があります。という訳で、スプレッドが低いのと同じく変化しないということが重要です。現在では動かないスプレッドの幅を見せるFX業者も多数あったりします。リアルにFX取引会社の売り買い画面でリアルな為替レートをチェックしなければ評価できないので億劫ですが、とても重要なことです。大切な財産を使って注文するわけですから本物の売り買いの前に、関心があるFX業者の口座開設を試して、提示されているスプレッド幅を見ておきましょう。同じ通貨でもその場面での外国為替市場の変動率(ボラティリティ)によって、外貨のスプレッドの幅は変化します。一般的には、銀行間取引で取引高が多い通貨ではスプレッドが狭くその他のペアではスプレッドの広さが大きくなる事が多いです。