現実にパソコンの。前に座って、リアルタイムで変化している市場をご覧になっていると、直ちに売り買いをしたいという欲求に駆られる方も多いです。だけど、漠然とした勘でトレードするのは、絶対に避けてほしい。分かっていると思いますが、為替相場は年中いつでもどこかの為替市場は変動しているしマーケットも、変動している。しかし、だからといって取引を繰り返しているとその回数分だけ損失を被る危険が高くなってしまいます。当然の事ながら、売買の数を増やすことによって、トータルで稼げる可能性が五分五分になります。でも「ぼんやりとした直感で注文」してしまうこととは別の問題です。エントリー回数を増やすということは自分で「ここは勝てる」と考える感覚を得られた場面での売り買いの回数を増やすという意味です。格段の理由がなく、売買を経験するのとはかなり違います。外国為替市場の勝負に勝利するためには、己で思案してメリハリをつけることが大事です。「ここがチャンス」と感じたマーケットの時には、迷うことなくポジションを増やして、思い切り儲けを追求する。「だいぶ分かりにくい外国為替市場でどう変化するのか思いつかないな」と感じた時は諦めて売買ポジションを見切りをつけて放置します。このくらいのメリハリをつける方が最終的には売り買いは勝利します。外国為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。まさにその通りだと思います。為替とは、常時ポジションを所持する事が重要ではなくポジションを所有せずじっと見ていることもまた外国為替相場です。では、どういう時に、休むべきなのでしょうか。最初に言われるのが前に述べたように、直近の市場が明確に良く見えない時です。どちらにいくのか明確でない時は思いつきで行動すると、自分で思った脚本とは逆方向に相場が動いてしまい、損失を被る事になります。こうしたケースではポジションを0にして、静観しているのが良い方法です。もうひとつは、己のコンディションが変なときです。体調と市場に関係しないと感じる方もいるだろうが。大きく関係あります。体の具合がすぐれなければ外国為替相場の重要な状況で正しい決断を下すことができなくなります。興味がわかない時は取引から離れる事も必要な事です。